1 販売促進とは?

販売促進とは

一度でも商品を買ってくれた人や興味を持ってくれた人への定期的な営業活動を行うことです。

2 既存顧客の重要性

過去に商品を購入してもらったなど何らかの取引経験があるお客さまは、

新規顧客に比べると、商品やサービスを利用してもらうのにかかるコストと手間が少なくて済みます。

効率的に販売促進を行うには、この既存顧客をいかにフォローしていくかがとても重要です。

3 パレートの法則

パレートの法則とは、「2割の優良顧客が全体の8割の売り上げを占める」というイタリアの経済学者の理論です。

ここで、2割の優良顧客を大切にすればいいと思うかもしれませんが、それだと売り上げの拡大にはつながりません。

いかにして、残りの8割の顧客を優良顧客に育てるかが売り上げアップのカギとなっています。

参考:日本郵便

販売促進は残り8割の顧客の購買運動を促す大事な役割です。

優良顧客以外の顧客は、一般顧客と休眠顧客に分けることができます。

参考:日本郵便

次にやらなければいけないのが、休眠顧客を一般顧客に引き上げることと

一般顧客を優良顧客に引き上げて育成することです。

そのために企業は販売促進に重点を置き、力を入れています。

4 世間ではどんな販売促進をしているの?

そんな一般顧客と休眠顧客の購買意欲を起こすため販売促進を大手の企業はどのように行っているのでしょうか?

例えば、大手のネット通販サイトのAmazonや楽天でこういうのを見たことはありませんか?

これは一度購入したショップからの案内です。

これはあまりにもメジャーな事例ではありますが、積極的に販売促進に力を入れている企業が伸びていますよね。

 

現在、一般的に行われている販売促進の方法は主にDM、メール、FAX、電話、SNSの活用、LINE@など様々ありますが、

弊社では以前から要望の多かった、声で届ける販売促進システムを開発しました!!

 

それが、『販促王』です。

 

詳しく知りたい方は、こちらから概要を見ることができます。

概要説明